一般社団法人市民エネルギーたかしま 設立

この度、滋賀県高島市を拠点に、市民参加で自然と共生するエネルギーの普及推進を図る、営利を目的としない一般社団法人 市民エネルギーたかしま を設立しました。市民エネルギーたかしまは、当初は一般社団法人ですが、ゆくゆくは公益社団法人を目指す、非営利法人です。再生可能エネルギーによるエネルギーの自給を進めるとともに、森林再生、若者の雇用、地域活性化に貢献する法人です。

 

私たちは、3.11の大震災と原発事故を目の当たりにし、エネルギーについて、大きな関心を持つようになり、原発に頼らない社会、同時に、化石燃料に頼らない、持続可能な自立した社会を築こうと考えるようになりました。

 

昨年、7月に「食糧、エネルギー、ケアの自給を暮らし・地域で進める」FEC自給圏ネットワークを設立し、エネルギー問題の学習会など積み重ねてきました。そして、今年4月2日にエネルギー分野に特化した法人「一般社団法人 市民エネルギーたかしま」を設立するに至りました。多くの方がたの期待を受けて、いよいよ具体的に、再生可能エネルギーの推進に向けて活動を始めます。

具体的な取り組みとして、3つの分野を考えています。1、小水力発電(百瀬川)、2.太陽光発電(公的施設の屋根など) 3.バイオマス(薪)での「木の駅プロジェクト」などです。それぞれ、高島市では初めての取り組みであり、未来に引き継ぐべく若者の雇用も計画しています。

 

どうぞ、みなさまご支援、ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

 

また、そのための、基金・寄付も募集しています。

資金的には、補助金なども申請をすることにしていますが、できれば、補助金頼みでなく地域で自立して、事業として成り立つような形で行くことが、何と言っても必要だと考えています。

 

できるだけ多くの方の、基金・寄付への参加を呼びかけます。

1口1万円ですが、上限はありません。眠っている貴重なお金の有効活用、未来への《志(こころざし)》の投資・寄付とお考えいただき、ご検討下さい。そして、どうぞご協力をよろしくお願いいたします。

 

《基金について》

基金とは、企業の資本金と同様に、様々な用途に使用可能な資金ですが、利子や、配当はありません。あくまでも、志(こころざし)の投資とお考えください。

基金を出来る方は、高島市在住者、市外、県外、海外を問いません。どなたでも、賛同していただける方です。

2年後からは、返還希望があれば、返還いたします。

事業として発展するよう、皆さまのご支援・ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

《寄付について》

寄付はいくらからでも、結構です。みなさまの暖かいご支援をお願いいたします。その旨をご連絡いただきますようお願いいたします。

 

基金・寄付をお考えの場合「お問合わせ」ページより、ご連絡いただきますよう、お願いいたします。